これはそれぞれの気持ちが分かるから辛いわぁ。

あるテーマで書こうと思っていたんですが
最近、訪問しているブログさんの記事が非常に考えさせられる内容だったので
これは、取り上げたいなぁと。
お正月は家族関係がモロ直撃します。

50代主婦ブログの方で、かなりのアクセス数があるみたい。
つづられている内容が、主婦なら、うんうんそうそうと共感の出来る話ばかり。
特に今、50代後半あたりの主婦さんは、上の世代の価値観が
結婚に濃く影響していて、何かと苦労されている世代でもあります。

元旦から泣く

初夢で最近結婚された長男さんから元旦は実家に行けないという
連絡が来る夢を見たそうで
それが、元旦にほぼ夢みたいな状態になってしまったと。
息子を持つ母親の本音と心情が詳しく書かれています。

嫁いでから穏やかな正月なんて迎えたことがない

元旦からの続きのお話です。

私としては、母親、お嫁さん、息子さん、それぞれの気持ちが想像できるので
これは、誰が悪いってわけじゃなくて、辛いなぁと思うしかないです
でも、なかなか息子が結婚したばかりの母親の心情を知る機会って
無いから、書いていただいて読む方は助かります。
正月に息子夫婦に家に来て欲しいのは、息子と話したいからだって
嫁の立場からすると、なるほどーそうなのかと。
家に上がらなかった、息子さんの考えも分かるような気がする。
親の方は、お昼でもって軽く言うけど、家に上がった嫁はお客さんではいられない。
息子さんは、多分自分の奥さんが家に上がって気を使う様子を
見たくなかったのでしょう。
ただ単に、お嫁さんの休みもあって物理的に時間が無かったのも
あると思うけど。

結婚すると、どうしても特に結婚したばかりは何をするのも二人セットのような
状態になって、新年の挨拶も二人で行くことになり
よく、今のお嫁さんは、旦那だけ行けばいいじゃんって言いますが
実際に結婚後に旦那さんが一人で、頻繁に実家に行ってると
これまた、問題視される種になるんですよ。

結婚したばかりというのは、当事者と家族には特殊な状況ですね。
嫁の立場からすると、慣れないことばかりで
夫との関係でも気疲れしてるのに、その上に親とどうのって
もうキャパオーバーなんですよ。その上に今の女性は仕事辞めないから
余計に家庭にかかりきりになれないし余裕なんてない。

子供の立場からすると、親との関係は長く続くものなので
長男なら、なおさら責任を感じてるし
今、焦らなくても~みたいな気持ちがあって、おそらくそんなところからも
息子さんは家に上がらなかったと思います。
とりあえず元旦に夫婦で顔を出す程度で、面目は保ったと思ってるでしょうね。
そうゆう、素っ気なさが母親からすると、滅茶苦茶寂しいと思いますが
嫁に無理させてないだけ、離婚の危機からは遠のいてるかな。

嫁側の本音からすると、結婚後10年くらいはほっといて欲しいよね。
結婚って新しい家族を構築することだから、ひとまずそっちに集中させて欲しい。
親とどうのっていうよりも、結婚相手との関係を築くことが最優先で
それすら、結婚したばかりはどうなるのかも分からないのに
外野とどうのなんて、しんどすぎるよ。
(このような気持ちはなぜか、他人からは理解されない不思議)

しかし、息子さん夫婦は昼過ぎからやってきて
お茶くらい一緒に飲んで談笑すべきだったね。
こんな感覚って実際に子供を育ててみないと分からないから
それくらい分かれって難しい話なんだけど
ブログ主さんが泣くくらい悲しんで当然だと思う。
長男の立場からすると、あっちを立てるとこっちが立たずみたいな状態になって
大変だと思いますが。

ネットが発達して、誰でも個人が自分の考えや体験を書いて発信できるように
なって、誰だか分からない一般人の日常なんて興味無いよって言う人もいるけど
私は、書いてる人が誰だか分からないけど人の生活は似たり寄ったりで
個人の体験や本音がとても読んでいて参考になるし
昔は文章を世間に公表できる人というのは、本当にごく一部の人で
内容も偏っていて、あまり役に立たない話が多かったんで
今の個人の発信できる状態というのは凄くいいんじゃないかなぁと思っています。

IMG_7917.jpg
(大根は昨日、ビッグ・エーで156円で買ってきたもの。これくらい立派なら156円出してもいいかなぁっと)

寿司を取って、みんなで食べようって賢いね。
嫁も動かなくていいし。そうゆうのにお金を使うのって一つだと思うわ。
節約も時と場合による。お金って使いどころってあると思う。
Source: 少ないお金で楽しく暮らす♪

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

更新情報

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

RSS

更新情報

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930