生活保護になった、田舎暮らし

田舎暮らしから、生活保護へ
30代の時に「Iターンフェア」で田舎暮らしに活路を求めた男性。
山奥なので見つかる仕事は過酷な肉体労働ばかりでした。
37歳の時に関東に戻ってきましたが就職先に恵まれず、
ブラック企業など10数社を転々とし、
パニック障害になり、現在は生活保護で暮らしています。
田舎暮らしは移住してからの生活を考えないとね。
運の悪さもあるのでしょうが、仕事に対する考えも少し甘いかな。

退職金がでない人の老後のお金の話 [ 横山 光昭 ]
老後になって後悔しないために、知っておくべき88のこと [ 山崎武也 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

今回は年齢とともに過酷さが増す中高年のサラリーマンに注目。社内孤立、転職失敗など、中高年たちは働いていても居場所がなく彷徨うケースが増えている。仕事に真摯に取り組む彼らが、なぜ漂流したのか実態を探る。
続きを読む

Source: 貧乏かわせみ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

更新情報

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

RSS

更新情報

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930